読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペル逃げてるよー!!

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!を中心に、面白かった話などを紹介

今回はオープニング企画で、「芸能人むかし話公演会!!」
芸能人が自作したむかし話を披露するという企画です。

むかし話には、それぞれに伝えたいメッセージが含まれているもの。
例えば「オオカミ少年」だと、ウソをついてはいけないという
メッセージが含まれている。それを踏まえて、むかし話を作成するのだが。。

出場者とむかし話のタイトルは、

 ・山崎邦正 「涙」
 ・松本伊代 「たっくんと水たまり」
   ⇒水たまりに映る虹を、子供が取れなくて困るというほんわかした話。
    (本人の勘違いで、全くむかし話ではありませんでした。。。)
 松本人志 「約束」
   ⇒ある動物が、自分にも自慢ができるものがほしいと、神様を尋ねる。
    神様との約束を首を長くして待ち続けたら、キリンになったという話。
 ・浜田雅功(司会)
 ・有田気恵(審査員長) 

そして審査員長の一存で、松本伊代が優勝してしまうのですが・・・、
その中で、山ちゃんの話が矛盾と衝撃の展開で面白かったので紹介します。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
「涙」

これはアルゼンチンのお話です。

昔々あるところに、年の功なら10歳になったばかりの青年が、
アルゼンチンに住んでいました。

その子の名前は、ソバスチン

ソバスチンには両親も無く、一人きりで立派な小屋に住んでいました。

周りの男の子や女の子は皆仲良しで、飛んだり跳ねたりして遊んでいましたが、
ソバスチンはいつもひとりぼっち。
ソバスチンは寂しさに耐えきれず、泣いてばかりいました。

そんなソバスチンを見て、隣に住んでいる女の子のメルモリアは可哀そうに思い、

「ソバスチン君、一緒に踊ろう!」

と言うのですが、

「僕は踊ることができません。」

と言ってまたソバスチンが泣くので、メルモリアも、

「こんなに軽蔑されたのは初めてだ!」 

と怒ってしまいました。 (浜・松:www)

その一部始終を繰り返して考えてみたら、ソバスチンは本当に悲しくなってきました。
その夜はいつもにも増して、泣きました。
夜、ベッドの中でもずっとずっと泣きました。

いつの間にか、ソバスチンは寝てしまいました。
そう、泣きながら。

次の朝、昨日の事を思い返して、心配になっていたメルモリアは、
ソバスチンの事が気にかかり、小屋に行ってみることにしました。

「ソバスチン!ソバスチン!」

返事が無いのでドアを無理やりこじ開けると、
ソバスチンは死んでいました。 (浜・松:www)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


⇒松:わからんもん。何が言いたいのか。
⇒審査員長:ちょっと訳わかんなかったんだけど、でも個性的な話でよかったね!

山:自分の涙の海ができて、悲しい海の中におぼれてしまったソバスチンの物語です。

⇒浜:何を伝えたいのかわからへん。。